外国の樹木についての質問とお答え


 アラースについて

 アラースの木について、メールでご質問がありましたので、こちらでお答えします。

 お答え

 アラース(alerce スペイン語)は、ヒノキ科 Cupressaceae の Fitzroya cupressoidesという種で、チリの特産です。
(Fitzroya は、ダーウィンのビーグル号の船長Fitzroyに因んだ属名です。
cupressoides は、Cupressus(イトスギ)属に似た(oides)という意味です。)
 南部チリの海岸温帯雨林に分布しており、一部アルゼンチン西部の山にもあります。
雌雄異株の常緑樹で、樹高は、45m程度。胸高直径は、3mになります。
葉は、3つの鱗状で、裏に白い筋があります。
世界第2の長生きの木で3600年も生きます。
 南米のレッドウッドとも呼ばれ、レジンを含んだ材は、家具、マスト、シングルなどに使われていましたが、
1976年にチリでは、生立木の伐採が禁止され、国の記念物として保全されました。
また、同時に、絶滅危惧種として国際間の取引も禁止されました。
カラマツと出ているスペイン語の辞書もありましたが、あまりにも実体とかけ離れた訳ですね。
alerce tree
alerce tree2
alerce tree3
alerce tree4
alerce tree5
alerce tree6
Sequoia Ages
 



戻る

RETURN TO HOMEPAGE