外国の樹木についての質問とお答え


 バイタラジュ(貝多羅樹) 投稿者:ichoko  投稿日:11月 8日(土)19時18分41秒

多羅葉(タラヨウ)の語源はバイタラジュ(貝多羅樹)というインドのヤシ科の植物だという説をWeb(京都新聞、デジタル植物園 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/96plant/dec/3/Ilex.html)でみました。バイラタジュとはどんな植物でしょうか?学名、あるいは英名がわかれば、検索できるのですが。

 
コリファパーム 投稿者:goostake  投稿日:11月 8日(土)21時23分59秒


バイタラジュ(貝多羅樹)は、お話のように、ヤシ科のCorypha属の学名
Corypha utan という種です。和名は、普通、タラバヤシといいます。
Buri palm、Gebang palm などと英語では言います。
インドの現地名は、Bajar、マラヤではIbus、ジャワでは、Gebang、
フィリピンでは、Buri と言います。名前の分布から判るように、
ベンガル地方、ビルマ、タイ、マラヤ、フィリピン、モルッカなどに
分布します。幹は直立し、高さ20m。
葉は扇状で、葉の柄が長く、刺があります。
樹液を採取し、発酵飲料を作ります。
葉は手芸品、小屋材料、写経の紙(貝多羅葉)などに使われます。
芽は野菜、種子の仁からお菓子、幹から澱粉を取ります。
(熱帯植物要覧より) 
 貝多羅樹は、漢名なのでしょうか。
いずれにしろ、学名が判れば、インターネットでも調べられます。


Corypha utan
Corypha utan
Corypha utan

Corypha utan
Corypha utan
Corypha utan

Corypha palms



戻る

RETURN TO HOMEPAGE