外国の樹木についての質問とお答え


教えてください 投稿者:東江  投稿日: 6月13日(木)10時25分42秒

インドネシアの木でダルダル(Daru-Daru)という木が有りますが、その木の特徴を教えてください。住宅用材に使用されるもので非常に独特な香があります。白蟻等の虫には強いのでしょうか?

 

ダルダル 投稿者:goostake  投稿日: 6月14日(金)12時10分50秒

 東江様
 インドネシアでダルダル又はベダル(Bedaru)と呼ばれている木は、
クロタキカズラ科(Icacinaceae )の Cantleya corniculata という木です。
マレーシアでは、Dedaru などとよばれてます。 中国語では、角香茶茱萸 です。
(日本名は、無いようです。)分布は、Sumatra, Malaya, Borneo です。
葉は、互生で、厚革質。
材は、非常に重く、マホガニーより密度が高い。
心材は、黄茶色。辺材は、白木色。
ビャクシン、ネズコ、サンダルウッドなどのような香気があるそうです。
床材、化粧材などに使われます。
虫害については、情報がありません。

Cantleya corniculata
ダルダルとケンパス
葉の図
木肌の図

 



戻る

RETURN TO HOMEPAGE