外国の樹木についての質問とお答え


「DIBITU」とはどんな木ですか 投稿者:河上敬介  投稿日: 8月23日(月)04時29分27秒

 先日ダイニングテーブルを購入したのですが、材質は「DIBITU」なるアフリカ原産の木だそうで、穏やかで美しい風合いが大変気に入っています。家具店の説明ではウォルナットの一種だということなのですが、ネット等で調べても、この木がどんな木なのか詳しい情報が得られません。どなたかご存知でしたら、ご教示ください。

 
Dibituについて 投稿者:後藤 武夫  投稿日: 8月23日(月)21時00分55秒


 Dibitu は、センダン科の学名 Lovoa trichilioides という木です。
普通、Dibetou と言います。
シェラレオネ、コンゴ、ガーナ、ニジェリア、カメルーン、ギニア、コートジボアールに 産する木で、コートジボアールでは、Dibetou と書きます。
ガーナでは、Dubini-biri とよばれます。
Dibitu はどうも独語系の国の名前のようですね。(英語では、African walnut です。)

 高木で大径の木です。葉は羽状複葉で、小葉は大きい葉です。
樹皮は褐色で、材は、辺材は灰白色、心材は灰褐色です。
唐木細工、木工、内装に使われ、欧州では、ヨーロッパクルミ(ウォルナット)の代用として
家具に使われます。

TISCH DIBITU ーVollholz Dibetou
DIBITU heist dieser Vollholztisch in Anlehnung an die Holzart "Dibetou"
Dibitu
Dibitu
Dibetou
Dibetou



戻る

RETURN TO HOMEPAGE