外国の樹木についての質問とお答え


 タマヌオイルについて

 こんにちは、ニューカレドニアでお土産物屋を営業している 高橋と申します。 こちらには「タマヌ・オイル」と言う、傷や火傷に良く効くと言われている オイルがあります。"タマヌ"(TAMANU)は、タヒチ語だと思うのですが、 これは、俗に言うククイの木と同じ物なのでしょうか? また、もし和名があれば教えて下さい。
 なお、ニアウリについても教えてください。 


 お答え

 タマヌは、南太平洋で、Tamanou 又は、Tamanuと呼ばれる木で、 オトギリソウ(Gutttiferae)科の テリハボク Calophyllum inophyllum です。 この木は、パプアニューギニアでは、Beach calophillum 、 ハワイで Kamani 、英語では、Punai nut と呼ばれます。
種子から油(Domba油)、灯油、石鹸原料、薬などにします。 樹脂は、香料、傷薬、膏薬に。葉は魚毒。葉の油は、目薬。 果の胚乳部を生食、漬け物にします。 東アフリカからタヒチまでの海岸に分布し、高さ18mくらいになりま す。葉は対生、楕円形、全縁、革質、葉裏は蒼白です。

Tamanu oil
Tamanu oil 2
Tamanu oil 3
Tamanu oil 4
Calophyllum inophyllum
Calophyllum inophyllum 2
Calophyllum inophyllum 3

 なお、ハワイで ククイノキ(Kukui)と呼ばれるのは、 トウダイグサ(Euphoriaceae)科のククイノキ Aleurites moluccana です。これも油をとり、灯油、石鹸、塗料にします。マレーシアの原産 で、マレーシアでは、Kemiri、英語では、Indian walnut、Candle  nut tree、Varnish tree と呼ばれます。
常緑高木で20mくらいになります。 葉は互生、三角状、長い柄があります。

Aleurites moluccana
Aleurites moluccana 2
Aleurites moluccana 3

   また、ニアウリは、ニューカレドニア原産で、フトモモ(Myraceae) 科の学名をMelaleuca quinquenervia 又は、Melaleuca viridiflora  という種です。葉の精油 をNiaouli Oil とか Gomenolと言って利 用されていますね。主成分は、cineol です。
 ただ、熱帯アジアからオーストラリア北部原産の カユプテ Melaleuca leucadendron と同じもの だという説もあります。 こちらは、Paper barkとかBrown tea tree 又は、Cajept と言われます。 又、やはり cineolを主成分とするカユプテオイルを蒸留します。

ニアウリ
ニアウリ
カユプテ



戻る

RETURN TO HOMEPAGE